固定ネット回線よりも月額料金が安上がりになる無線ネット回線

インターネットを自宅で利用していない人は少なくなってきていますよね。
スマホの普及によって、これまであまりネットに馴染みがなかった人たちも続々とインターネットを利用するようになってきています。
そんな中、今まで固定ネット回線を使っていた人たちが、無線ネット回線に乗り換えることが多くなってきているようです。

固定回線より無線のほうが安い

無線ネット回線が選ばれる理由

月額料金が安上がり

無線ネット回線は、固定ネット回線に比べて月額料金が安上がりということで、利用者が拡大している節もあるようです。
あまりネットを使わないという人にも有り難い、2段階制プランを用意している無線ネット回線会社もあるので、利用者にとってみれば選択の幅が広いためにそちらを選びたくなる気持ちもわかります。
ちなみに、無線ネット回線は月額4000円前後で使い放題となるプランを用意しているところが多いです。
これに比べて固定ネット回線(光回線)は、一戸建てタイプで5500円前後、マンションタイプで4000円前後。
固定ネット回線でもマンションタイプであれば無線ネット回線とほぼ同じ月額料金になることがあるようですが、一戸建てタイプではそうもいかないようです。
一時期に比べると、だいぶん固定ネット回線の月額料金も下がってきましたが、それでもまだまだ無線ネット回線の方が安上がりになると言えるでしょう。
また、固定ネット回線には工事費の一部負担もかかってくることがあります。

スマホ・タブレットの普及によるニーズの変化

ネット=自宅、という方程式は、スマホやタブレットの普及によって崩壊しました。
今やネットは家でも外でも、どこでも利用するものだ、という認識を持っている方がほとんどです。
スマホやタブレットのGPS機能をカーナビ代わりに使っているから、より正確な位置を知ることができるWiMAXなどの無線ネット回線を使いたい、と思っている方も多いそうです。
それ以外にも、スマホやタブレットを外でも快適に使いたい、という理由から無線ネット回線を契約する方もたくさんいます。
これには固定ネット回線を提供している各会社も焦ったのか、外で使える無線機器をオプションでつける、という試みをしています。それくらい、『外でも使える』ということへのニーズは高まっているということですね。

エリアの拡大

無線ネット回線と言えば、WiMAXやイーモバイルなどが有名どころです。
ちょっと前までは使えるエリアの人口カバー率が低いということで、自宅インターネットに無線ネット回線を選択する人は多くありませんでした。
しかし、最近は使えるエリアもぐっと増えてきており、それによって今までは圏外エリアだった方々も無線ネット回線を契約できるようになりました。

手軽さ

固定ネット回線とは違って、工事も要らないしすぐに使い始めることができるという手軽さも人気の秘密です。

自分のニーズに合ったネット回線を選ぼう

とは言っても、中には固定ネット回線の方が良い、という人もいるでしょう。
固定ネット回線も無線ネット回線は、目指している方向性がちょっと違ってきます。
もし、ひかりテレビなどのオプションもつけたいと思っているのであれば固定ネット回線を選ぶのが良いでしょうし、いつでもどこでもスピードが出るネット環境を作りたいなら無線ネット回線が良いと言えるでしょう。
また、家計の節約を考えると無線ネット回線に軍配が上がるかもしれませんね。
光インターネットのように、固定電話回線の料金を下げることはできなくても、スマホのパケットコースを2段階制(一定のパケット数を超えると上限金額になるが、通信量が少ない場合はそれより安い金額での請求となる)にして、パケット通信を全てWiMAXなどの無線ネット回線でおこなうようにすると、ぐっと通信費を節約することができますよ。