光回線かWiMAXか迷ったら!どちら向きかをタイプ別にまとめてみました

光回線にするかWiMAXにするか迷っているあなたに贈ります。
どっちを選ぶのが良いのか、タイプ別に判断してみました。

フレッツ光とWiMAXどっち?

すぐにでもネット環境が欲しい

『WiMAX』が良いでしょう。
WiMAXなら申し込んですぐ審査が開始され、その日のうちに開通することがほとんどです。
オンラインでの申し込みの場合は数日後に受け渡しになりますが、届いたらすぐに使えるようになります。家電量販店などの実店舗での契約だとその日に受け取ることができますから、お店からの帰り道でさっそく使うことも可能です。
ただ、オンライン申し込みの方が特典が大きいことが多いので、数日間なら我慢できる、という人はオンラインでWiMAXを申し込むことをオススメします。

ちなみに、光回線の場合は申し込んでから最低でも2週間は期間が空いてしまいます。
工事も必要ですし、立ち会いになりますから予定を空けておかなければなりません。

速さを求めている

どのエリアで使うかによるので、どちらか一方を選ぶことはできません。
『断然光の方が速い!』と書いてあるサイトもあるかもしれませんが、マンションなどの集合住宅の場合、光回線はそれぞれの家庭に分配されています。ですから、本来の速度よりもかなり遅いスピードとなっている可能性が高いのです。
時間帯によって、アクセスが集中するときなどにそれが如実にわかります。
そういうときは、WiMAXの方がスピードが出ることもあるんです。

料金が一番の決め手

料金面で言うなら、『WiMAX』に軍配が上がります。
WiMAXは3500円~4000円前後。
光回線は4000円~6000円前後の料金設定になっています。

手続きがめんどくさくないのがいい

これも断然『WiMAX』と言えるでしょう。
先述したとおり、光回線は工事日を決めたり工事に立ち会わなければなりません。
その点、WiMAXは契約して端末さえ手に入れればすぐにネットを使えるようになります。

忙しくて立ち会い工事が無理

光回線において、立ち会い工事は必須です。
モデムも不要でLANケーブルを繋げるだけでネットが使えるようになるマンションもありますが、それは非常に稀なケースです。その稀なケースに当てはまるのであれば、光回線を選んだとしても立ち会い工事の必要はありません。
しかし、基本的には光回線=立ち会い工事が必要、と思っていて間違いないでしょう。
ですから、忙しくて立ち会い工事が無理である方は、『WiMAX』を選択すると良いですよ。

外でも使いたい

外でも使いたいのであれば、光回線で実現は難しいです。なので、『WiMAX』を選ぶことをオススメします。