Wi-FiとWiMAXの有用性について

Wi-Fiは無線なのが便利!

自宅ではWi-Fiの無線LAN環境を構築しています。
ノートPCやスマートフォン、タブレットなどを接続して使用しています。
また、PS3などの固定型のゲーム機器もWi-Fiを利用しています。

Wi-Fiの良いところですが、第一にケーブルがないことです。
有線ケーブル接続の場合、配線の手間があり、設置場所も考えなければなりません。
Wi-Fiの場合は、無線アクセスポイントを中心に電波で情報のやり取りをするため、家具などのレイアウトは気にする必要はありません。
近年、出力の高く電波の範囲の広いWi-Fiアクセスポイントも登場してきているので、1台で家中のネットワークをカバーすることも可能です。

携帯性が重宝する!

第二に端末の持ち運びが可能な点です。
有線接続の場合は、ケーブルに接続している関係上、端末を持ち運ぶにはケーブルの長さに依存し、移動範囲に制限があります。
しかし、Wi-Fiの無線接続の場合は、電波の届く範囲であれば移動が可能です。さらにはインターネットに繋いだまま移動することができます。

このため、今ではキッチンで料理をする時にタブレットを置いて調理して、寝室で休む時にもタブレットを持っていき、ブラウジングすることが可能です。
いちいち使う場所に端末をおく必要がありません。

WiMAXはさらに便利!

次にWiMAXについてです。
WiMAXは、モバイルルーターなどで使える通信規格です。
主に屋外などでの通信で利用することができます。

外出先でも高速通信でのインターネットを楽しむことができるので重宝しています。
私の場合は、出先でのスマートフォン、ノートPC、タブレットの通信はWiMAXを利用しています。
LTEなどと違い、通信容量制限がなく、高速通信ができるためです。
※WiMAX2は通信容量制限があります。
モバイルルーター一つのパケット代で済むため、通信費の節約にもつながっています。
また、ネットワーク環境がない親戚の家に持ち込むことで一時的にネットワークを構築することもできました。
今では、その親戚の家の固定ネットワークとして運用しています。

様々な機器で使用されるWiMAX

近頃では、WiMAXの通信サービスが様々な機器で使用されるようになり始めているのではないかと推測されています。
情報通信に用いられる機器が豊富に存在するようになってきつつあるため、
こうした傾向が見受けられるようになってきていると考えられています。

最も身近なものとしてはスマートフォンが挙げられるとみられています。
WiMAXの通信を利用して情報の通信を行う機会が最も多いと考えられており
、若い人を中心としてスマートフォン利用時にWiMAXを活用しているとされています。

また、タブレットやパソコンでインターネットを閲覧する際にも、
WiMAXを利用する人は着実に増加してきていると考えられています。
安定的な通信が長時間できるという点が評価される形で、WiMAXが取り入れられているのではないかと思います。

また、動画や音楽などの大容量なコンテンツを再生する際にも、
WiMAXは通信が途絶える可能性が極めて少ないことから、利用されるようになってきているのではないでしょうか。

このようにして、WiMAXによる通信は多くの機器で実践されるようになってきていますが、
今後も同様の傾向が長期間にわたって続いていくものと見られています。
幅広い年代の人からの関心がWiMAXに対して向けられるようになってきており、
実用的な使用方法が次々に見受けられるようになることも予測されています。

スマートフォンやパソコン以外にもWiMAXを利用できるとみられているため、
その可能性を模索する動きも次第に活発になっていくのではないでしょうか。