WiMAXのプロバイダはそれぞれスピード・繋がりやすさが違う!?

WiMAXはそもそも、プロバイダを介さなくても繋がります。
ですから、正直プロバイダと契約を結ばずとも本来は使えます。
ですが、ネット上などでWiMAXのことを調べてみると、必ずと言って良いほど『WiMAX+プロバイダセット』というのが出て来ます。

これにはワケがあって、プロバイダと同時契約を結ぶことで『メールサービス』などのオプションを利用できるようになったり、契約する際にもらえるキャンペーンが大きかったりするから、という理由があります。
そんなWiMAXのプロバイダには、皆さんが一度は聞いたことのあるような大手プロバイダ会社が軒を連ねています。
例として挙げるならば、OCNやBIGLOBE、So-netなどがあります。

他にもたくさんのプロバイダがありますが、どこを選ぶかによってWiMAXのスピードや繋がりやすさが違ってくるという意見があるようです。
今回は、本当にプロバイダごとの違いがあるのかどうかについてお伝えしていきます。

インターネットのスピードと繋がりやすさ

結論:ほとんど違いはありません

結論から先に申し上げます。
選ぶプロバイダによってWiMAXの繋がりやすさやスピードが変わる、ということはほとんどないと考えておいて良いでしょう。

理由:電波基地局はどのプロバイダも一緒です

WiMAXは基地局からの電波を拾って、無線通信をおこないます。
なので、どのプロバイダを使っていようがそこから電波を拾ってくるということは変わりないのです。
たとえばAさんがBIGLOBEを使っており、BさんがSo-netを使っていたとしても、同じ電波が基地局から送られます(エリアによって電波の具合が違ったり、屋内か屋外かによってスピードが違ってくることはあります)。

ただし:ちょっとした違いがあることも

さて、最初に“ほとんど”違いはない、と書いたので気になっている方もいらっしゃると思います。

基地局からの電波→WiMAX端末がそれを受信→パソコンやスマホなどがネットに繋がる

というのが基本的なネット接続の流れですが、このネットが繋がったあとのことはプロバイダのテリトリーとなります。
なので、夜中にそのプロバイダを多数の方が使っていたり、膨大なデータのやり取りをしていたりすると、回線が重くなってしまい、『あれ? ちょっと重いかも…』と感じる事もあります。
プロバイダ各社、そういう混雑時のアクセスをスムーズにするために回線の通信キャパを増やしたり、回線が途切れてしまわないように回線を強化したりしていますから、あまり大きな差があるとは言えません。

ですが、やはりちょっとした違いが出ることはあるようです。